記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

g07のSIMの取り付けにはアダプタを使用したよ

 もう既に使い始めているg07ですが、かなり快適に使用できています。これで15000円しなかったので、コスパが良すぎです。

 今回はSIMの取り付けを記事にしたいと思います。

g07のSIMトレー取り出し

 g07のSIMトレーは左側の上部にあり、SIMトレーの取り出し穴にピンを差し込んでSIMトレーを引き出します。

13_20170731071555550.jpg 

 取り出したSIMトレーはこちら。

 デュアルSIMなので、SIMが2枚入るようになっています。

 SIM1はSIMのみで、SIM2はMicroSDと共用になっているので、デュアルSIMで使用するときはMicroSDが使用できません。

 またMicroSDを使用する場合はデュアルSIMでは使用できません。

14_20170731071556837.jpg 


SIMサイズ変換アダプター
 僕はいつもSIMを契約するときに一番小さいnanoSIMを選んでいます。

 機種変更したときにスマホ端末がnanoSIMだった場合、標準SIMやMicroSIMだった場合、大きくて使用できないからです。

 今回のg07はnanoSIMとMicroSIMで、SIM1がMicroSIMでSIM2がnanoSIMとなっています。

 今後の流れを考えても、SIMはどんどん小さくなっていくと思われるのでnanoSIMを選んでおくことをおススメします。

 でも、nanoSIMを選んでもスマホ端末が標準SIMだったりMicroSIMだったりすると使えないですよね。

 そんなときは変換アダプタを使用します。

 僕が使っているのはこちらの変換アダプタ。

 関連記事はこちら

18_20170731071600525.jpg

 今回使うSIMはSIM1がFREETELのSIMで、SIM2がso-netの0円SIMです。

 変換アダプタを使用してFREETELのnanoSIMをMicroSIMに変換してSIM1へ、SIM2はnanoSIMなのでそのまま乗せました。

16_20170731071558a40.jpg 

 これでSIMトレーを本体へ差し込めば完了です。

 便利ですね~

おわりに

 大は小を兼ねると良くいいますが、SIMの場合は小は大を兼ねるです。

 大きい標準SIMやMicroSIMを切ったりパンチで小さいSIMにする方法もあるようですが、SIMを切ったりするのって嫌じゃないですか。

 だったら初めっから小さいSIMを選んだほうが良いです。

 変換アダプタを使用すれば解決しますし・・・

 しかし、変換アダプタは推奨されてはおらず、問題が起きても自己責任になりますので、ここは割り切るしかないですね。

 今回ご紹介したアダプタは片側に薄いフィルムシートが付いているので、変換アダプタから落下する事が少ないと思います(僕はスマホの内部で外れた事は一度もありません)ので、参考にしてください。

 今回僕が利用したところはこちら 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おススメ

リンク

最高のオークションの見つけ方
 私が主にパソコンのパーツを購入したり、売ったりしている記録のブログです。
 この方法を実践することにより趣味のパソコンを、お金をかけずに組み立てることが出来ます。


ARAMOS's JISAKU infomation
ARAMOSが自作PCパーツの開発状況、ローンチ日程、ベンチマークなどの情報をいち早く仕入れ公開するブログです。

BLOG RANKING



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク



マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

HP Directplus オンラインストア

ビックカメラ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。