記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強SIMフリールーターの最新機種NEC Aterm MR04LNを買っちゃいました

Aterm-MR04LN.png


 今回こちらの「NEC Aterm MR04LN」を買っちゃいました。

 今現在、前機種のNEC Aterm MR03LNを持っているのですがSo-netの0円SIMを手に入れてからSIMを入れ替えて使うのが面倒だし、SIMカードを出し入れすることによって機器本体の寿命も短くなる可能性があったため、NEC Aterm MR03LNの後継機にあたるNEC Aterm MR04LNを買いました。

 全てのキャリアで使用されている主要な周波数に対応していて、受信最大300Mbpsの高速通信が可能なSIMフリーのモバイルルーターということで、simフリーモバイルルーターの中では最強の機種ではないかと思います。

本体スペック


SIMスロット数   マイクロSIM×2(デュアルSIM対応)
液晶         2.4インチ
連続通信時間   WiFi/約12時間 Bluetooth/約24時間
無線LAN       802.11a/b/g/n/ac  最大867Mbps
Bluetooth      802.15.1  最大3Mbps
バッテリー      2300mAh
充電時間      約3.5時間
サイズ        約63(W)×111(D)×11(H)mm
重量         約111g

 通常WiFiでの使用で12時間持つので、1日使っても大丈夫ですね。

対応バンド


対応周波数帯  2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
LTE        1/3/8/11/18/19/21/17
HSPA+      1/8/9
HSPA        1/6/8/9/19/5
WCDMA      1/6/8/9/19/5
GPRS       GSM850/EGSM900/DCS1800/PCS1900

 国内ではdocomo、SoftBank、それとdocomo系の格安simに対応しています。


各キャリアの対応バンド
ドコモ:
 バンド1(2.1GHz)、3(1.8GHz)、19(800MHz)、21(1.5GHz)、28(700MHz)

au(WiMAX 2+):
 バンド1(2.1GHz)、11(1.5GHz)、18(800MHz)、28(700MHZ)、41(2.5GHz)

ソフトバンク(ワイモバイル):
 バンド1(2.1GHz)、3(1.8GHz)、8(900MHz)、11(1.5GHz)、28(700MHz)、41(2.5GHz)

 公式ページではmineoのauプランは対象外と記載されていますが、他のページでは使えるとの報告があります。


NEC Aterm MR04LN開封


 それでは早速今回購入した「NEC Aterm MR04LN」を見ていきましょう。

IMG_2355.jpg

 まずは外箱、

 前回使用していたNEC Aterm MR03LNと同様のシンプルな箱で、大きさも同じです。

IMG_2356.jpg

 保証書や説明書などが入っています。

IMG_2357.jpg

 中身はこちら
  本体
  クレードル
  USBケーブル
  取扱説明書
  ACアダプタ(写真なし)
  LANケーブル(写真なし)
が入っています。

 ACアダプタとLANケーブルは写真に撮り忘れてしまいました。

 今回はクレードル付きを買いましたが、クレードル無しの場合はクレードルとLANケーブルは付きません。

IMG_2358.jpg

 ぱっと見、前機種のNEC Aterm MR03LNと変わりませんが、角が角ばっていたりサイドが斜めだったのが直角になっていたり、少しデザインが変わっています。

 画面はボタンなど無くタッチパネルなのでほとんど変わりません。

IMG_2359.jpg

 背面はプラスチック素材で小さな凹凸が規則正しく並んでいます。

 これは手に持ったときにとても手になじみやすく、すべり落ちにくいので良いです。

IMG_2360.jpg

 拡大すると凹凸具合が良く分かります。

 端には「NEC」の文字も刻印されています。

IMG_2361.jpg

 裏蓋を外すと、SIMカードスロットが2つとバッテリーが現れます。

 バッテリーはNEC Aterm MR03LNと共通のバッテリーです。

IMG_2362.jpg

 SIMサイズはmicroSIMで同じ方向から差し込むようになっています。

 「SIM変換アダプタは使用しないでください」の注意書きもあります。

 変換アダプタを使用していて脱落して、接点を破損する方が多いと思われます。

IMG_2363.jpg

 バッテリーは取替えが可能なので、2つ持っているとバッテリーが切れても取り替えれば復活しますね。

IMG_2365.jpg

 試しにBIC SIMとSo-netの0円SIMをさしてみました。

 「SIM変換アダプタは使用しないでください」と刻印されていますが、バリバリ使ってます(笑)


まとめ


 SIMフリーの機種で対応バンドが全キャリアに対応で、格安SIMではdocomo系が多いのでほぼすべてのSIMで使用できます。

 デュアルSIM対応ですので複数のSIMで使い分けて使用出来るのはすごく便利ですね。

 SIMフリールータAterm MR04LNは現時点で最強のモバイルルーターだと思います。

 これはオススメです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おススメ

リンク

最高のオークションの見つけ方
 私が主にパソコンのパーツを購入したり、売ったりしている記録のブログです。
 この方法を実践することにより趣味のパソコンを、お金をかけずに組み立てることが出来ます。


ARAMOS's JISAKU infomation
ARAMOSが自作PCパーツの開発状況、ローンチ日程、ベンチマークなどの情報をいち早く仕入れ公開するブログです。

BLOG RANKING



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク



マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

HP Directplus オンラインストア

ビックカメラ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。