記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安SIMのメリット・デメリット

 前回は今さら聞けない格安SIMとは?と言う記事を書きましたが、今回は格安SIMのメリットとデメリットをまとめてみようと思います。

 今さら聞けない格安SIMとは?

various-sim-cards.jpg


 格安SIMのメリット


(1)月額料金が安く出来る

 格安SIMの最大のメリットは月額料金を安く抑えることが出来ることです。

 今までは3大キャリアと呼ばれている、Docomo、au、softbankでは月7000円や8000円だった携帯代、格安SIMにすると2000円以下から選べます。

 さらに通話機能がないデータSIMなら500円以下から選ぶことが出来て、毎月5000円以上の節約になります。

 年間だと6万円以上の節約になります!。

 毎年スマートフォンが1台買えてしまいますよね!


(2)2年契約の縛りがない

 Docomo、au、softbankなど3大キャリアの場合は2年毎に契約を更新する2年縛りがありますが、格安SIMはいつ解約しても違約金がとられないところが殆どです。

 携帯の料金が高いから、違うキャリアに変更したいと思っても2年経たないでキャリア変更しようとすると10000円くらい違約金がかかってしまいます。

 一部の格安SIMにも○年縛りがある場合もありますので契約前に確認してください。


(3)自分の好きなタイミングで好きなスマートフォンに変更できる

 大手3大キャリアDocomo、au、softbankだと、2年縛りがありますので、どうしても2年ごとにスマートフォンを変更しなくてはいけません。

 大手3大キャリアですと、そのキャリアが出しているスマートフォンしか購入することが出来ませんが、格安SIMを利用する場合SIMフリーのスマートフォンを選ぶことが出来ます。

 さらにDocomo系の格安SIMの場合はDocomoのスマートフォンも利用することが出来ます。


 格安SIMのデメリット


(1)自分でネットを利用して契約をしなくてはならない

 基本的に格安SIMを購入してから、インターネット上で自分で契約しなくてはならず、大手3大キャリアのように店舗があり店員がスマートフォンを使えるようにはしてくれません。

 インターネットに慣れていない方には難しく感じるかもしれません。

 一部のキャリア(FREERELなど)では店舗もありスタッフが契約をやってくれるところもあります。


(2)スマートフォンを自分で用意しなければならない

 大手3大キャリアDocomo、au、softbankでは契約と同時に携帯電話を購入しますが、格安SIMではSIMだけを購入するためスマートフォンは自分で用意します。

 また、格安SIMに合う電波帯を利用できるSIMフリーのスマートフォンを選ぶなど、選択が難しい。

 Docomo系の格安SIMを利用するなら、Docomoのスマートフォンも利用することが出来ますので、中古で購入するのも手です。

 一部のキャリア(FREERELなど)では店舗もあり契約と同時にスマートフォンを販売してくれるところもあります。

(3)通話機能付きSIMの場合、通話料が高い

 大手3大キャリアの場合、通話料無料分が付いているプランや話し放題のプランがあったりしますが、格安SIMにはありません。

 基本的に格安SIMの通話代は30秒20円と大手3大キャリアに比べると割高です。

 データSIMを契約して電話をしたいときはLINEの無料通話を使ったり、050+などを使えば格安SIMの通話代の高さをカバーできます。

 しかし、格安SIMの中にも無料通話ができるプランがあったり、格安SIMとガラケーの2台持ちで通話料金を大幅に抑えたりできます。(私はこのパターンです。DocomoFOMA契約「スマートフォン」+格安SIM「Wifiルーター」)

(4)大手3大キャリアのメールが使えない

 今までは大手3大キャリアが提供していたメールサービスを利用していました。

 ○○@docomo.ne.jp
 ○○@ezweb.ne.jp
 ○○@softbank.ne.jp

 などですね、こちらのメールアドレスは利用できなくなってしまいます。

 そのためメールを利用したい方は別にメールアドレスを取得する必要があります。

 最近はGmailyahooメールなどの無料で利用できるメールサービスがあるのでそちらを利用すると便利です。

 おすすめはGmailです。


 まとめ


メリット
(1)月額料金が安く出来る
(2)2年契約の縛りがない
(3)自分の好きなタイミングで好きなスマートフォンに変更できる

デメリット
(1)自分でネットを利用して契約をしなくてはならない
(2)スマートフォンを自分で用意しなければならない
(3)通話機能付きSIMの場合、通話料が高い
(4)大手3大キャリアのメールが使えない

 このように格安SIMにするメリットもありますが、デメリットもたくさんあります、自分の生活スタイルに合わせて格安SIMを導入するようにしてください。

 勉強してうまく利用すると、デメリットがデメリットではなくなるので分からないことがあれば直接連絡ください。

 私は数あるデメリット以上に、価格を抑えられることに重点を置いて格安SIMを選択しました、そのため月額2000円以下で利用することが出来ています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おススメ

リンク

最高のオークションの見つけ方
 私が主にパソコンのパーツを購入したり、売ったりしている記録のブログです。
 この方法を実践することにより趣味のパソコンを、お金をかけずに組み立てることが出来ます。


ARAMOS's JISAKU infomation
ARAMOSが自作PCパーツの開発状況、ローンチ日程、ベンチマークなどの情報をいち早く仕入れ公開するブログです。

BLOG RANKING



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク



マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

HP Directplus オンラインストア

ビックカメラ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。