記事一覧

Linuxで地デジに挑戦

Ubuntuで地デジを観るための設定を忘れないようにメモしておきます。

参考ページ
http://tks86.blog55.fc2.com/blog-entry-25.html

1 必要なパッケージのインストール
とりあえず、必要なパッケージをインストールします。
端末を開いて、$の後に下記パッケージをインストールしてみます。

sudo aptitude install libccid
sudo aptitude install pcsc-tools
sudo aptitude install build-essential
sudo aptitude install linux-headers
sudo aptitude install libboost-dev
sudo aptitude install libboost1.40-all-dev
sudo aptitude install libglib2.0-dev
sudo aptitude install libpcsclite-dev
sudo aptitude install libusb-dev

インストールされていない物があったら、インストールが始まります。

2 一度シャットダウンしてカードリーダを接続する

インストールしたパッケージに含まれている各種サービスの有効化のため。

sudo shutdown now -h

3 カードの読み取り状況の確認

カードをカードリーダに差し込みます。
B-CASと記載の面を下側(本体を置いている状態)にして挿入、カードリーダのLEDがチカチカと点滅を始めればOK。

sudo pcsc_scan

端末の表示に Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV) という文字列が出ればOK。

4 チューナーのデバイスIDの確認

次のコマンドを実行してPCに接続されているUSBデバイスの一覧を表示させます。

sudo lsusb

表示された一覧に ID 1738:5211 があるか確認します。
これがファームウェアをロードする前の チューナーのデバイスIDです。
このIDが無い場合はUSBケーブルの交換や、別のコネクタへの接続などを試してください。

5 ソースにパッチを当てる

up0777.zip - recfriioのソース
up0127.zip - recfriioをhdusに対応させるためのパッチ
up0257.zip - hdus対応の改善パッチ
up0215.zip - 復号のためのパッチ

上記の書庫を展開していきます。
まずはup0777.zipを展開するとrecfriior4が出てくる
次にup0127.zipを展開するとhdus-recfriior4が出てくる
さらにup0257.zipを展開するとrecfriio-newpatchが出てくる
最後にup0215.zipを展開するとrecpt10.0.6patchが出てくる

ソースフォルダに移動してひたすらパッチを当てていく

ここいら辺から、訳が分からなくなってきました。

ここから色々試行錯誤して、MS-DOSのコマンドを思い出してみたりして。

フォルダーの場所が違うことが判明しました。

私の場合は、展開したファイルをすべて、デスクトップに置いたので

cd /home/ubuntu/デスクトップ/recfriior4/recfriior4
patch -p1 < /home/ubuntu/デスクトップ/hdus-recfriior4/recfriior4.diff
patch -p1 < /home/ubuntu/デスクトップ/recfriio-newpatch/recfriior4-newhdus.patch

次にb25復号のためのソースがあるフォルダに移動してそっちもパッチを当てる。

cd /home/ubuntu/デスクトップ/recfriior4/arib25v021
patch -p1 < /home/ubuntu/デスクトップ/recpt10.0.6patch/arib25v021_023.patch

6 プログラムのビルド

cd /home/ubuntu/デスクトップ/recfriior4/recfriior4
make

ここでビルドエラーが起きるので下記の修正を加える

RingBuf.hppに#include <boost/thread/condition.hpp>
IoThread.cpp#include <cstring>
FriioWhite.cpp#include <cstring>#include <stdint.h>
FriioBlack.cpp#include <cstring>、#include <stdint.h>
Hdus.cpp#include <cstring>
Udp.cppに#include <cstring>
Recordable.cpp#include <stdint.h>
setting.hpp#include <stdint.h>
を記載する。

再び

make

をすると、

recfriioという実行ファイルができるので

「sudo cp recfriio /usr/local/bin

でコピーします。」

recfriior4フォルダにrecfriio、arib25v021/arib25/srcフォルダにb25ができてるか確認したら

次はファームウェアの ローダのビルド

$ cd hdus-recfriior4/as11loader
$ make


こっちもちゃんとas11loaderができているか確認しておく。

7 プログラムのインストール

$ cd recfriior4/recfriior4
$ sudo install -m4755 ./recfriio /usr/bin/

$ cd recfriior4/arib25v021/arib25/src
$ sudo install -m755 ./b25 /usr/bin/

$ cd hdus-recfriior4/as11loader
$ sudo install -m755 -s ./as11loader /lib/udev/


8 ファームウェアの準備と確認

ファームウェアを準備する。

$ sudo cp SKNET_AS11Loader.sys /lib/firmware/

ファームウェアが正しくロードできるか確認してみる

$ /lib/udev/as11loader /lib/firmware/SKNET_AS11Loader.sys
$ lsusb


ファームウェアロード前はデバイスID 1738:5211として見えていたチューナが
デバイスID 3275:6051 VidzMedia Pte Ltdとして表示さるようになっていればOK

表示されない・・・
自作PC最新情報は→にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おススメ

リンク

最高のオークションの見つけ方
 私が主にパソコンのパーツを購入したり、売ったりしている記録のブログです。
 この方法を実践することにより趣味のパソコンを、お金をかけずに組み立てることが出来ます。


ARAMOS's JISAKU infomation
ARAMOSが自作PCパーツの開発状況、ローンチ日程、ベンチマークなどの情報をいち早く仕入れ公開するブログです。

BLOG RANKING



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク



マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

HP Directplus オンラインストア

ビックカメラ.com