記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親のパソコンをWindows98へ変更しました

 先日父親のパソコンにWindowuXPをインストールしたのですが、いざDOSのソフトをインストールしようとしたところ、インストールできませんでした。

 先日、WindowsXPをインストールした時の記事はこちら
  →父親のパソコンにWindowsXPを入れました

 WindowsXPでもOSが新しかったのではないかと思い、更に古いWindows98を入れてみました。

 まずWindowsXPを削除してからWindows98をインストールしました。

 しかしインストール途中、ハードディスクからWindows98立ち上げる時に毎回失敗してしまい、何度やっても同じ結果に・・・

 そこでインターネットで調べたところ、CPUやメモリ、そしてDVDドライブが新しすぎてオーバースペックだったためうまく起動しないことが分かりました。



PC/AT互換機またはPC-9800シリーズ
486DX 66MHz以上のプロセッサ(Windows 98においては2.2GHz以上のPentium 4・CeleronクラスのCPUではインストール不可能な場合もある。Windows 98SEでは改善されている)
16MB以上のメインメモリ(32MB以上を推奨。メモリ管理プログラムの関係で約1GB以上のメモリを搭載したPCでは基本的に動作不可能。動作させるには、事前にシステムの側でメモリへのアクセスを制限する必要がある[10])
200MB - 380MBの空き容量があるHDD
光学装置 CD-ROMまたはDVD-ROMドライブ
ディスプレイ VGA (640×480) 以上の解像度を備えたディスプレイアダプタ
入力装置 Microsoft Mouse、もしくは互換ポインティングデバイス
ウィキベディアより




 改めて今回の構成を見てみると、CPUは2.2GHz以上ありますし、メモリも1GB以上あります。

 さらにこちらには記載がありませんがSATA接続のDVDは使えないそうです。

 DVDは手持ちの物にIDE接続のDVDがあったため交換。

 CPUは他に性能の低いものを持っていなかったためその、まま利用。

 メモリも他に容量の少ないものが無かったため1GBに減らしました。

 この構成で再度インストール。

 すると、なんとかインストールすることが出来ました。

Windows98


 起動途中でWindows98のロゴが出るのですが、パソコンの性能が高いせいか一瞬で消えてしまったため、デスクトップの写真になります。

 次回はいよいよラジコン用のソフトをインストールしたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おススメ

リンク

最高のオークションの見つけ方
 私が主にパソコンのパーツを購入したり、売ったりしている記録のブログです。
 この方法を実践することにより趣味のパソコンを、お金をかけずに組み立てることが出来ます。


ARAMOS's JISAKU infomation
ARAMOSが自作PCパーツの開発状況、ローンチ日程、ベンチマークなどの情報をいち早く仕入れ公開するブログです。

BLOG RANKING



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク



マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

HP Directplus オンラインストア

ビックカメラ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。