記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELL INSPIRON 630m メモリー交換

 前回はCPUを交換しましたが、今回はメモリーです。

 CPU交換の記事はこちらから
  →DELL INSPIRON 630m CPU交換 ~CeleronM360からPentiumM780~

 CPUの交換は、前回の記事を見ていただければ分かりますが、パソコン本体の裏側から交換が可能だったのでとても簡単でした。

 しかしメモリーは裏側と、キーボード下の2か所なので少し手間がかかります。

 特にキーボード下は面倒です。

INSPIRON 630m 裏側

 まず簡単な裏側のメモリー交換です。

 メモリーはノートパソコン裏側の、OSシールが貼ってある場所にあります。

INSPIRON 630m 裏側メモリー

 中には1枚のメモリーが入っています。

 ここでとても大事なことに気づきました。

INSPIRON 630m バッテリー取り外し

 バッテリーを外していないことに気づいたので、慌てて取り外しました。

 本来なら一番最初にバッテリーを取り外してください。

INSPIRON 630m 裏側メモリー 拡大

 近寄ってみるとこんな感じです。

 このメモリーを新たなメモリーに交換します。

 メモリー両サイド赤丸部分の金具を外側に開くと、メモリーが斜めに飛び出てきますので、メモリーを斜め方向へ引き抜きます。

ELPIDAメモリー

 今回の交換用メモリーは、日本製の今は無きELPIDA製のメモリー

PC2-5300 512MB×2枚で合計1GB

です。

 新たなメモリーを取り付ける場合は、メモリーを斜めに押し込み奥まで入ったら、メモリーをパソコン本体側へ金具がカチッとなるまで押し込みます。

 メモリーの切り欠き部分に金具がハマれば完了です。

 続いて、キーボード下のメモリー交換です。

INSPIRON 630m 裏側ネジ

 まず、バッテリーを取り外した後に出てくる、ネジを2つ取り外します。

 小さいネジなので、このネジにあったドライバーを使用してください。

INSPIRON 630m 正面キーボード

 次は正面へ戻して、キーボード上右側の赤丸の所へマイナスドライバーを入れてパネルを外していきます。

 ツメの位置はこちら

INSPIRON 630m 正面ツメ

 赤丸の所にありますので気を付けて取り外してください。

INSPIRON 630m キーボード取り外し

 パネルを取り外したら、矢印方向へキーボードをずらします。

 写真の赤丸の位置にメモリーがあります。

INSPIRON 630m キーボード下メモリー位置

 キーボードは取り外さず、反対側に折り返すようにしておくと取り外さずにメモリー交換が出来ます。

 キーボード下のメモリーは、この様なパネルで覆われていますのでネジを取り外してパネルを取り外します。

INSPIRON 630m キーボード下メモリー

 中はこのようになっているので、パソコン本体裏側のメモリー交換と同様に交換します。

 交換後は外した時の工程と反対に組み付けていけば完了です。

INSPIRON 630m 液晶ヒンジ

 途中、液晶パネルのヒンジが緩んでいたので締め直しました。

 昔のPCなら低価格でいじれるので、とにかくいじってみたい人におすすめです。

 ご購入はこちらから
  →中古パソコンショップ「イオシス」


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おススメ

リンク

最高のオークションの見つけ方
 私が主にパソコンのパーツを購入したり、売ったりしている記録のブログです。
 この方法を実践することにより趣味のパソコンを、お金をかけずに組み立てることが出来ます。


ARAMOS's JISAKU infomation
ARAMOSが自作PCパーツの開発状況、ローンチ日程、ベンチマークなどの情報をいち早く仕入れ公開するブログです。

BLOG RANKING



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク



マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

HP Directplus オンラインストア

ビックカメラ.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。