記事一覧

日本HP新製品Android端末3機種を体験してきました!

 2013年7月29日、日本HP新製品発表会に出席してきました。

 実際の商品に触れる機会もあり、とても充実した時間が過ごせました。

HP CONSUMER PRODUCT LINEUP

 今回の発表では、

7インチ型タブレット端末 HP Slate7
icon
10インチ型ハイブリッドモデル HP SlateBook10 x2
icon
21インチ型大画面一体型 HP Slate21
icon

のAndroid端末が3製品のみの発表でした。

 詳細は各端末をクリックして確認できます。

 日本HPのAndroid端末はSlateシリーズとなっていてそれぞれ画面の大きさによって数字が割り振られている商品名になっていました。



 HP Slate7 ~アメリカのBeats Audio搭載でこだわりの音を~

Slate7 裏

 こちらのSlate7、端末裏側にも記載されているようにBeat Audioを搭載していることが最大の特徴です。

 スマートフォンやタブレット端末での利用は、動画観覧、音楽、ゲームと言うような使用方法が殆どだそうです。

 この3つに共通するのが「音」であることから、HPではBeat Audioを搭載して音へのこだわりを特徴としていました。

 Beat Audioはアプリ上の設定で有効、無効を簡単に設定できます。

 そしてピンケーブルを接続してインイヤーやヘッドホンを使用した時のみ有効になります。

Beat Audioヘッドホン

 別売のヘッドホンも視聴できました。

 実際に聞いてみた感じでは、Beat Audioを有効にすると低音の厚みが増すように感じました。

 OS Android4.1
 CPU ARM Cortex-A9(1.60GHz Dual Core)
 メモリ 1GB
 ストレージ 8GB/16GB
 無線機能 IEEE 802.11b/g/n、Blutooth2.1+EDR

 8月6日に予約を受付を開始して、8月下旬頃手元に届くそうで、価格は13,860円からとなるそうです。

 HP Slate10×2 ~脱着式キーボードでノートパソコン仕様~

Slate10×2

 こちらのHP SlateBook10×2一見するとノートパソコンですが、キーボード部分と液晶部分が脱着可能になっていて、ハイブリット端末と言われる端末です。

 タブレットのみでの使用も可能ですが、やっぱりなんといっても専用のキーボードが付属しているため文字を打ち込むにはとても使いやすそうです。

 また、キーボード側にもバッテリーが付いているのでタブレット部分の約8時間45分にプラスされ、キーボード装着時は約14時間45分にもなります。

SlateBook10×2 キーボード右側面2  SlateBook10×2 キーボード右側面

 キーボード部分右側面の前方にはSDカードスロット、後方部には電源コネクターとHDMI出力端子が搭載されていました。

SlateBook10×2 キーボード左側面

 キーボード部分左側面にはマイク入力・ヘッドホン出力、USB2.0が搭載されていました。

 OS Android4.2
 CPU NVIDIA Tegra4(最大1.80GHz)
 メモリ 2GB
 ストレージ 16GB/64GB
 無線機能 IEEE 802.11a/b/g/n、Blutooth

 9月上旬に販売開始予定で、価格は5万円前後からとなるそうです。

 HP Slate21 ~21.5インチと大画面のAndroid搭載一体型PC~

Slate21

 今回の新製品発表会で一番の驚きがこちらのHP Slate21でした。

 Android端末でこんなに大きな端末誰が使うんだろうと思ってしまいましたが、HPの調査ではタブレットユーザーの約45%が大画面で見たいそうです。

 一番の売りは大画面ですが、Androidなのにキーボードやマウスも付いてきて、端末自体を見ると完全に一体型PCです。

 また、こちらの端末は家族で一緒に使うシーンもイメージして作られており、本体を15度~70度まで角度調整が可能で、HP Slate21を囲んで家族みんなで使用できるようになっています。

Slate21 角度調整

 これはとても良いコンセプトだと思います。私も以前iPadを囲んでコミュニケーションツールとして利用したことがありとても良い交流が出来ました。

Slate21 右側面

 本体右側面には音量調整、画面明るさ調整、電源のボタンがそれぞれ付いています。

Slate21 左側面

 本体左側面には上からSDカード、USB2.0、マイク入力・ヘッドホン出力が搭載されていました。

 9月上旬に販売開始予定で、価格は4万円前後となるそうです。

 各端末のご購入はこちらから
 ・7インチ型タブレット端末 HP Slate7
icon
 ・10インチ型ハイブリッドモデル HP SlateBook10 x2
icon
 ・21インチ型大画面一体型 HP Slate21
icon
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おススメ

リンク

最高のオークションの見つけ方
 私が主にパソコンのパーツを購入したり、売ったりしている記録のブログです。
 この方法を実践することにより趣味のパソコンを、お金をかけずに組み立てることが出来ます。


ARAMOS's JISAKU infomation
ARAMOSが自作PCパーツの開発状況、ローンチ日程、ベンチマークなどの情報をいち早く仕入れ公開するブログです。

BLOG RANKING



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク



マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

HP Directplus オンラインストア

ビックカメラ.com